働き方次第でがっつり稼げる!転職するならタクシー業界へ

タクシー会社へ転職するなら勤務形態を知っておこう

働き方次第でがっつり稼げる!転職するならタクシー業界へ

おもちゃのタクシー

昼日勤

タクシーをご利用されている方は多いと思います。24時間稼働しているタクシーですが、そこで働いている人はずっと働いているわけではありません。勤務体系には3種類あります。1つめは昼日勤です。一般的な会社と同じように日中働くという勤務形態です。8時から17時までが主流になっています。会社に出勤するサラリーマンや病院にいく年配の方が主な利用客です。

夜日勤

夜の間働くという勤務体系となります18時から2時まで働くのが主流です。終電に間に合わなかった方や飲み会の行き帰りの人が主な利用客です。深夜時間帯は料金が割増となっていますので稼ぎ時の時間帯と言えます。最近では夜日勤のみの勤務体系を採用しているタクシー会社は少なくなってきているようです。

隔日勤務

ほとんどのタクシー会社が採用している勤務形態です。昼日勤と夜日勤を合わせたものとなっており「早朝から深夜まで」「夕方から翌日のお昼まで」などといったシフトがあります。そして勤務が終わると必ず次の日は休みとなります。勤務時間中はずっと働くわけではなく3時間の休憩時間が設けられています。このような勤務形態のため月の公休は4、5日程度です。

タクシードライバーの魅力

色んな人と出会うことができる

タクシードライバーのお仕事をしていると様々な業界の人と接します。今流行のファッションのことについて聞けたり、近くのスーパーのお買い得品の情報を聞けたりなど色んな情報を入手することができます。もしかすると有名人にも出会えるかもしれません。もしお客様と話が合った時はとても楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

周辺の環境の情報に詳しくなる

タクシードライバーのお仕事をしていると、地理にとても詳しくなります。そのため近道できる裏道を知ることができたり、隠れ家的な飲食店を見つけることだってできます。車の運転が好きな方にとってはやりがいのある仕事と言えるでしょう。

頑張った分だけ給料として返ってくる

タクシー会社の多くが歩合給を採用しています。1日の売上が多ければ多いほど給料も増えます。頑張ったらそれだけ評価してくれるというのは仕事をするうえでのモチベーションも上がるので魅力的ではないでしょうか。転職してたくさん働いてたくさん稼ぎたいと思っている方にとってぴったりなお仕事だと思います。

広告募集中